Re: インターニックのFAX認証できました


[ コメントを書く ] [ BBS ] (PR) [VPS]

2001-6-05 15:58:05 てと

インターニックのFAX認証できました [藤田浩由] へのコメント 2001-6-01 05:46:28

お疲れ様でした。
こういうのははやいとこ 片付けておいたほうが いいですよね。
ところで NSIからの 連絡って いつ頃 かえってくるものなのでしょうか。

それと 私は digiweb から 国内のホスティングサービスに移行しようとしてて
ここ 読み始めて自分なりに 理解した手順でFAXを送信してみたんですけど、
NSIからうんともすんとも いってこないので 移転先に相談してみました。
そしたらそういう 案件も たくさんあるらしく 手順のかいてある メールが
サクッととどきました。 これから FAXしてみます。

というわけで その送られてきた メールを 情報共有を 目的として 貼り付けて
おきます。

■手順

1.レターヘッドを用意
下記のRegistrant情報と同じ内容のレターヘッドが記入された用紙を
ご用意下さい。

2.(必要な場合は)本人証明用書類を用意
Registrant情報が個人名で登録されている場合は、国際的に通用する本人証明用の
書類が必要です。パスポートまたは国際運転免許証のコピーをご用意下さい。

3.FAX送付用書類を作成
弊社より送付させて頂いておりますFAX承認用書類に、お客様にご用意
頂きましたレターヘッドを付けていただいて、FAX送付用書類を作成します。
レターヘッドが書かれた用紙をお持ちの場合は、FAX承認用書類をその用紙に
印刷して下さい。またレターヘッドを自作して頂いた場合は、FAX承認用書類と
一緒に印刷するか、別々に印刷して頂いて切り貼りして頂いても結構です。

4.サインを記入
作成したFAX送付用書類のサイン欄(Signed: ______)に、申請者本人が
申請者名欄(Name: 申請者名)と同じ名前でサインをして下さい。

5.国際FAXで送付
FAX送付用書類を国際FAXで送付します。Registrant情報が個人名で登録されて
いる場合は、用意して頂きました本人証明用の書類のコピーと一緒に送付します。
送付先はアメリカの(703) 326-7000となっております。
KDDIを御利用の場合: 001-010-1-(703) 326-7000
(マイラインでは) 010-1-(703) 326-7000



コメント:


名前:
E-Mail:
タイトル:
リンク先:
リンク先のタイトル:
画像のリンク:

メッセージ

今年の元号は? (例:大正)